むずむず脚症候群の治療法である非薬物療法とは?

むずむ脚症候群は日中の生活に支障がでてしまうことがあります。

むずむず脚症候群は、命に関わる病気ではありませんが症状が続くと日常生活にも 支障があわられてしまします。
そのような場合は、症状を抑えるための治療をする必要があります。

むずむず脚症候群の治療方法は薬物、非薬物療法があります!

この病気の原因は未だ完全に解明できてはおりませんが、現在では薬物や非薬物療法による治療を行うことで症状を抑えることができると言われております。

症状の軽い方では、非薬物療法による症状を軽減することができます。 今回は非薬物療法についてまとめました。

むずむず脚症候群の非薬物療法!

原因となっている病気を治療する。
(鉄欠乏症性貧血に対する鉄剤の服用など)
他の薬が原因でむずむず脚症候群が発症している場合は薬物の中止
症状の悪化原因を除く
(タバコ、カフェイン、アルコールなどの刺激物)
安定した睡眠を取る
脚のマッサージをする
(疲れている時は特に重要)
日中に適度な運動をする
食生活の見直し

コーヒー、アルコール、タバコはむずむず脚症候群を悪化させてしまうことがわかっております。

例えばコーヒーに含まれるカフェインが、アデノシン受容体機能の影響を受けることから、カフェインを多く摂ることで症状が悪化することがわかっております。

妊婦の飲酒や喫煙が胎児に悪い影響を与えることは知られておりますが、むずむず脚症候群にも影響があるこ言われております。

2005年の調査で、飲酒、喫煙をしない妊婦と飲酒、喫煙をする妊婦のむずむず脚症候群の有望率は、飲酒、喫煙をしない妊婦で4.5%に対して飲酒、喫煙ありの妊婦では10.2%と高いことがわかり、アルコールやタバコがむずむず脚症候群に影響あると考えられるのです。

寝る前のマッサージも症状を軽くすると言われております。 就寝前の軽めの運動も症状の軽減につながります。

食生活の見直しでは、若い女性に多い鉄分の不足が原因で症状が起こる場合があると考えられております。

特に女性は月経の関係で鉄分を多く必要としますが、ダイエットによる栄養の偏りなどある場合に鉄分を不足することになってしまいます。

鉄分を多く含む食材も意識しながら摂取するように心がけましょう!

鉄分の多い主な食品(100gあたりの含有量:単位mg)

乾燥青のり74.8
乾燥ひじき 55.0
乾燥キクラゲ 35.2
あさりの佃煮 35.2
煮干し 18.0
抹茶 17.0
干しエビ15.1
レバー豚・鳥 9.0〜13.0

まとめ

非薬物療法は、日常生活における習慣などを見直しながら症状の軽減をすることになります。

症状が軽い段階であれば、薬に頼らずに症状を軽くすることが期待できますので 思い当たる内容があれば実践して症状と照らし合わせながら自分の方法を見つけるのも良いかもしれません。

次回は薬物療法についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク