あなたにとって理想的な睡眠時間はどのくらいですか?

毎日同じ時間を眠れていますか?

あなたの毎日の睡眠時間はどうでしょう?

今日は、8時間眠れたとか昨日は忙しくて6時間しか眠れなかったなど、毎日同じ時間、寝られていない人もいるのではないでしょうか?

また、いつも同じ時間を寝ているのに朝起きてから眠気があり、
スッキリしないことなどありませんか?

睡眠時間はあまり関係ない?

実は睡眠時間を意識する必要はあまりないということなのです。

人間は、睡眠に入ってから理想的な睡眠サイクルが得られれば、
朝方には浅い眠りになり、自然と目が覚めるのです。

このサイクルで眠れるとスッキリと目覚めることができるのです。

つまり布団に入ってから、いかに睡眠のサイクルに乗れるかに
かかってきます。

サイクルとは、人間の睡眠の深さは4段階あり段階が多いほど睡眠の深さが大きいということになります。

理想的な睡眠では、眠ってから3時間の間に睡眠の深さが最大の4になり、その後、朝になるに連れて1から2の浅い睡眠となり覚めることになります。

つまり、睡眠時間と言うよりは睡眠の質が重要と言うことです。

そう!思い出してくださいあなたが、子供の頃よく遊んだ後に、その日の夜は泥のように眠ったことを。。。。

質の良い眠りを考える!

大人になってからでも良い睡眠サイクルをとるのには、

生活のちょっとしたことに、気をつけることで睡眠の質をあげられるのです。

詳しくは「質の良い眠りできれいになる3つの方法とは?」の記事に書いいますが、少し加えると・・

起きる時間を意識しましょう!

睡眠時間にこだわりすぎると時間になったら早く布団に入らなけらばと焦ってしまい、中々寝つけず睡眠サイクルにのれないことになってしまいます。

そうすると、朝起きる時間も遅くなり1日のリズムも狂ってしまいますよね!

そのような時は決まった時間に必ず起きるようにしてください。

人間の体は寝溜めすることはできませんが、

前日の足りない睡眠を取り返すように働きますので、睡眠サイクルに入れる眠りがあらわれます。

昼間どうしても眠くなったら、30分以内の昼寝にします。

あまり長く昼寝をすると夜の睡眠サイクルがまたずれてしまいますので注意してください。

きれいになれる理想のサイクルは睡眠時間で7時間半

睡眠時間にこだわらなくて良いと言いましたが、理想の睡眠サイクルから時間にすると7時間半になります。

これは、睡眠の深さのサイクルが90分となっているため、

深い眠りから浅い眠りに自然と近づけるには5サイクルと言われております。

グッスリと眠りについてゆったりと目覚めまで時間をかけることが、この5サイクルがちょうど体に良いようです。

研究によると、睡眠時間が7時間半の人が体重増加も少ないことがわかリました。

7時間半より少なくても、多くてもホルモンの関係で体重増加となってしまいます。

詳しくは「質の良い眠りできれいになる3つの方法とは?」をご覧ください。

理想の睡眠サイクルを手に入れらるように努力して見ませんか?

スポンサードリンク