快適な睡眠のための6つのポイントとは!

快適な睡眠をとるためのポイントとは!

快適な睡眠をとるためには、生活習慣でいくつか気をつけることがあります。以下に快適な睡眠をとるためのポイントをまとめてみましたので参考にしてください。

適度な運動と食事

適度な運動は、疲労回復・ストレス解消のために効果をもたらし、快適な睡眠をもたらします。

朝食は心と体のめざめに重要なので欠かさずとり夜食はごく軽くすることで、スムーズな入眠がえられます。

睡眠時間より睡眠の質が重要

睡眠時間にこだわらず必要はありません。生活のパターンから自分にあった睡眠時間を体が事前の睡眠時間が足りたいと判断すると睡眠の深度を調整します。

睡眠の浅い作用で長く寝ると逆に疲れがたまるので、2度寝や長時間の昼寝は避けることをお勧めします。

快適な睡眠環境を作りましょう!
夕食後のカフェイン摂取や睡眠薬代わりの寝酒や深酒は、寝付きを悪くしたり睡眠の質が悪くなるのでひかえましょう!

眠る前にリラックス

軽い読書、音楽、香り、ストレッチなどでリラックス!

自然に眠たくなってから寝床に就くことや、ぬるめの入浴でリラックスすることで眠りにつきやすくなります。

寝る前のパソコンやスマホ操作は、ブルーライトによって脳が覚醒しますので寝床に就く前の使用はひかえましょう!

目が覚めたら日光を取り入れて体内時計をスイッチオン

遮光カーテンなどは避けて朝の光を浴びながら起床できると体内時計がリセットされて、1日のホルモンリズムが正常化されます。

規則的に同じ時刻に毎日起床すると毎日のリズムが整い就寝時間に近づくとメラトニンホルモンが正常に分泌され自然に眠気が現れます。

午後の眠気をやりすごす

長い昼寝はさけるようにして、昼寝をするなら午後3時前の20~30分短い昼寝でリフレッシュしましょう!

夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響をあたえます。

睡眠障害は専門家に相談

睡眠障害は、「体や心の病気」のサインのことがあるため以下ような症状で気になる方は専門家に相談しましょう!

寝付けない、熟睡感がない、充分眠っても日中の眠気が強い時は要注意!

睡眠中の激しいいびき、足のむずむず感、歯ぎしりも要注意。

ちょっとした、生活週間の意識を変えるだけでも睡眠の質を上げることが期待できるので、まずはできることから始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク