睡眠が重要な3つの理由とは?

睡眠とは?

 

睡眠とは人間が必要とする生理的な動作になりますね?

睡眠は簡単に言うと体を休めるために必要な動作になります。

ひとことで睡眠といっても、生物によって睡眠状態は大きく2つに分れるようです。

たとえると我々人間のような哺乳類と魚では、睡眠時の脳波に大きな違いがあるのです。

耳にすることもあると思いますが、ノンレム、レム睡眠と呼ばれる脳波のことです。

人間は、眠ている時と起きている時で脳波が変わるため脳波を測ることで眠っているかがわかります。

このような睡眠を脳波睡眠と言います。

一方、魚では人間のように睡眠時の脳波に変化は無く判別がつけられません。

これら生物では睡眠の判別は脳波をみてもわかりませんから行動から睡眠状態を把握するしかなく、このような睡眠を行動睡眠と呼ばれております。

睡眠が必要なのはなぜ?

睡眠女性

それではなぜ人間は睡眠をとるのでしょう?

睡眠の役割は、むずかしい言い回しでは人間が生体の生存を維持するために必要な防御機能といえると考えられております。

簡単に言えば、起きたままでは生きるのに必要な活動力が保てないということなのです。

睡眠の役割として重要な3つの理由

身体的ストレスの解消

睡眠時の体は、起きている時とは違い自律神経機能の副交感神経が有意に働くのでこの副交感神経の働きによってリラックス状態が続くことで、体のストレスを解消することができるのです。

睡眠時の体はリラックスされることから呼吸や心拍が抑性され血圧が下がり安定した状態になる傾向となります。

 

代謝を促す作用

睡眠時に人間の体は一般的に成長ホルモンの分泌が盛んになるので、このホルモンによって体の代謝を促すのです。

脳の疲労回復や病気に対する免疫力を上げることなど体にとって重要な作用を睡眠によって補っていると言えます。

また、代謝によって体の組織などの修復や脂肪燃焼も睡眠時に行っております。

 

組織の成長作用

睡眠によって成長ホルモンの分泌がうながされるため体が成長すると言われております。

寝る子は育つとは言ったものでまさにその通りと言えるのです。

特に成長期の子供に睡眠が重要なのは骨の形成や身長など成長に必要だからです。

成長ホルモンは思春期をピークに年齢を重ねると分泌量が少なくなるのですが、この成長ホルモンは代謝に関係することから成人においても非常に重要なホルモンであり、分泌を促す睡眠が重要なのは言うもまでもありませんね。

まとめ

以上のことから、人間には睡眠が欠かせないことこがわかると思います。

しかし、現代社会ではこの睡眠が十分にとれない人が多くいることも事実です。

たとえば24時間社会で夜も働かなければならない社会環境や日頃のストレスなどさまざまな要因があげられます。

そのような中で、少しでもお役にたてられる睡眠に関する情報をお届けしたいと思います。

スポンサードリンク